HOME > 吾妻の歴史1

●吾妻氏の出自

○前吾妻氏(藤原吾妻氏-秀郷流)


 藤原秀郷3代の孫に、兼光という人があり。長男を頼行、次男を兼助(淵名氏)、三男を幸則(太田氏)といった。頼行の子が兼行(淵名氏)である。淵名庄は上野国那波郡にあった大庄で、平安時代末期、前太平記によりと、淵名兼行、兼助、武行の三人は、源義家に従い、陸奥において戦功を立てたという。この兼行の子孫が淵名氏の嫡流であって、その子孫は下野及び東上野に大いに栄え、下野に足利氏、佐野氏、赤堀氏、上野に太田氏、山上氏、園田氏、大胡氏、林氏、佐井氏、大屋氏、吉海氏、などを出している。
二男系の兼助は本朝武家系図によると、吾妻権守、上野介を称しており、その子兼成も吾妻権守を名乗っていることから、この兼助という人が吾妻の地に移り住んで吾妻氏を名乗ったと思われる。権守とは国府の目代(国司の代理者)であるので、上野国府の在庁官人でもあって、上野介であったから事実上の国司の役を代行したものと思われる(上野国は親王の任国であった)。兼成も同じく権守であることよりして、その盛威の程が伺われる。この時代に、初めて岩櫃城に在城したと伝えられているが、はなはだ疑わしい。たぶん居住した場所は、原町の館の地と思われる。

 この兼成の二、三代目の子孫が吾妻太郎助亮という人があり、助亮の子が四郎助光という。この人が前吾妻氏最後の人である。またこの助光という人は、源頼朝が三原野に狩りに来たとき随行して案内したと言い伝えられている。「加沢記」の説によると、この前吾妻氏は承久三年(1221)六月の承久の乱に際し北条義時の幕下として宇治川の合戦で溺死してから急に衰退に向かったと述べている。また一説によれば、その晩年岩櫃山には、妖魔という化生が現れ、その祟りによって死んだともいう。その死については、謎に包まれており、その没年も墓も詳らかでない。

前吾妻氏の系図(下河辺系図)

藤原吾妻氏(二階堂流)

 この説は前項で述べた藤原の北家、房前を元としている秀郷流ではなく、武知麻呂を祖とする藤原南家を発祥としている二階堂流工藤氏を吾妻氏のもととしている説であります。

 武知麻呂-乙麿・・・・・為憲(二階堂氏)

 この説は、鎌足の子不比等より三代乙麿七代の孫為憲が東国に下って二階堂氏の祖となった。武蔵国(現在の東京と埼玉)を領して、為憲より五代の孫維光の次男維元が、吾妻太田庄をたまわり、太田庄に居住し吾妻太郎と代々名乗り繁栄したが、維元より四代の孫助光の時、承久三年(1221)六月の承久の乱に北条義時の幕下として加わり宇治川の合戦で、溺死してから吾妻氏は急に衰えたとしている。(伝加澤記)

村上源氏の吾妻氏系図

 この説は、足利(室町)時代の初期の「義経記」に出てくる説である。これは鎌田次郎正清の子三郎正近が、源氏を興さんとして源氏を数える之条に「指を折って国々の源氏を数えける。紀伊国には新宮の十郎義盛 中略 尾張国には蒲冠者、駿河国には阿野前司、伊豆の国には兵衛佐頼朝、常陸国には志太三郎先生よしのり、佐竹の別当正よし、上野国には利根・吾妻、これは国を隔てて遠ければ力及ばず。」とこの吾妻郡の地に藤原吾妻氏とは別の清和源氏の嫡流がいたことを示している。源頼信の末孫に吾妻五郎親基なる者があり、この人物が「義経記」に出てくる人物と考えられる。この村上氏は信濃源氏であり、戦国時代武田信玄と争い上杉謙信に援を求め、川中島合戦の動機になった村上義清はその末孫である。出自が藤原であれ、源氏であっても吾妻に入植し勢力が出来れば吾妻を名乗るであろうから、不思議な事では無い。新羅三郎を名のるのも、源氏の新羅三郎義光(武田家祖)が有名であるが、藤原系の新羅氏もいたという。そう言う事を考えるとあり得る事ではある。