HOME > 郷原城

郷原城跡

郷原城跡へのアクセス

郷原城跡縄張図

 郷原城(郷原の要害)


 古谷地区潜竜院跡の上の方岩櫃登山道赤岩口付近に郷原の要害跡があります。この要害の規模は柳沢城(岩鼓の要害)より更に小さく、用途としては岩櫃実城の支城であり切沢方面の防護と、岩櫃山間道を抜けて岩櫃実城を攻められないように配置した物と思われます。真田に攻められたときに、柳沢城では三百騎(300人?)配置されましたが此処は更に少なく、五十騎(50人)から百騎(100人)程度の配置で手一杯だったでしょう。斉藤氏時代の記録がないところを見ると、あるいは真田昌幸の時代に潜竜院(古谷舘)と共に築城されたのかもしれません。詳細は、全く記録にも残っていませんので全くわかりません。

郷原城本曲輪


郷原城本曲輪土塁

郷原城馬出

追手道土橋

 この城は、吾妻川側に展開していて堅壕で三つに切られていたと思います。本城域は四つの曲輪でなっていて表側に梯郭式で本曲輪、二の曲輪、三の曲輪と展開して堅壕で先端の細長い曲輪と堀切で区切られていたような作りとなっています。本曲輪と思われる裏に、補助曲輪のような物もあります。この本城域には、虎口と思われる所が二カ所有り馬防柵、と木戸があったのでしょうか。

東側の堀切1


東側堀切2


東側堀3


東の小曲輪


 先端部分には、細長い各小曲輪が三つあり細い堅堀で区切られていて、その際先端の小さな曲輪には井廊があったのでしょうか。現地を良く確認して、研究したいと思います。ただし、現地の地形があくまでも人の手が入っているので、地元では古くから城山と呼ばれ城跡という認識があったようですが、平成の始めの頃に正式に調査され齋藤慎一氏により縄張図が書かれました。そのときに、郷原城と命名されたようです。この城、本曲輪の西側に馬出し風な小さな曲輪が見える事から、比較的築城年代は新しく吾妻斉藤氏時代のものではなく、真田氏の統治の時代のものと捉える方が理にかなっているような気がします。