• HOME
  • >
  • 萩生城跡

萩生城跡

萩生(境野)城跡へのアクセス

萩生(境野)城跡縄張図

萩生(境野)城跡

場所:群馬県吾妻郡東吾妻町大字萩生字境野
城域解説
 城は、並郭式に西北から東南に向かい長さ170m、幅は中央部で30mと規模としてはあまり大きくはない。本丸は、周りを空堀で守られている。本丸北堀、二の丸北堀ともに余土を盛っている。この城の追手は東南で、搦手が西北側である。追手側は本丸に至るまで特に堀切はなく、低い段差の平場で構成されていて本丸に土橋があり虎口となっている。本丸、二の丸の東北側は、帯曲輪がつく。搦手側、二の丸の先はこの城の一番広い平場になっており、空堀で仕切られその先に平場があり、城域は終わっている。その二つの平場の南側には、帯曲輪がつく。
 伝承では、小林岩見の城で天正10年手子丸城とともに落城したという。
 この城の南側、2、300m先に分去という旧街道の分岐点がある。ここから見城川を渡り、大戸に向かう道が信州街道である。分去よりこの萩生城に向かう街道は、旧草津街道であったという。この道が、手子丸を経由して岩櫃に向かう道だったのかもしれない。ということは、この城は岩櫃に向かうまでの抑えの城の一つだったと結論付けてもよいような気がする。
 

萩生城の写真

 

追手にある石塔

本丸土橋

本丸(耕作地)

本丸裏堀

 

本丸裏堀

土居

二の丸石塔

二の丸石塔

搦手側堀

搦手側堀

搦手側堀

搦手側堀