HOME > 岩櫃城追手

岩櫃城跡追手道の検証

岩櫃城追手道の検証


 岩櫃城跡の見学通路は現在、平沢観光案内所より城口、左に折れて作業道を登り中城、中央竪堀を登り二の曲輪、一の曲輪とすすむ。しかし、この城口の西付近に竪堀が有り遮断されている事、虎口が見当たらない事など考えるとこの道では無いのは明かである。そこで追手道と思われるルートを、ここに持論を交えて検証するものである。

 バンジョウ坂から解説すれば分かりやすいと思うが、ここでは橋台跡~解説していく。

1.橋台跡

 これは、この町で真田道としている道を歩いて行くと橋台跡という案内杭がある。ここの上に木橋が架かっていたと言われている場所である。上の写真は真田道の反対側(山側)より見た写真である。この南側に、広い平場(曲輪)が広がっている。そうすると、ここ(上の写真の右側)には当然門があったろうから当然ここを経由しての追手道が考えられる。また、この地点を昔の吾妻街道は通っていたに違いない。

2.橋台跡のある曲輪

 ここには、比較的広い平場がある。街道がここを通過していて、ここでも通行人を管理していたと思わせる場所である。

 その先には、南(出浦渕)に向って道と思われる遺構もある。旧吾妻街道(真田道)の位置も興味深いにではあるが、ここでは追手道に限定して開設していきたい。

3.橋台跡の南側を北に向って登るゆるい尾根

 この尾根道は、藪であるが傾斜が緩く容易に登っていける尾根道のようである。下の橋台跡、平場、旧吾妻街道などを考えるとこの道が岩櫃城内(一の曲輪)へ向う道であると想像できる。また、実際にあるくとけっこう容易に登れるのである。

4.尾根道の先にある小曲輪

 この小曲輪の北側から、竪堀を挟んで北側に橋を架けると三の曲輪の手前まで堀沿いを進んでいける。現在は破壊道(城跡見学道)によって遮断されてしまっているので、確認しずらいがこのルートを歩って見るとよく分かるでしょう。また、この小曲輪はとうざい二方向に堀を備え、東側の堀は土塁が有り火点としての仕様になっている。

5.三の曲輪下に抜ける


 上の写真、右から左に向って堀を横断する木橋がかかる。下の写真は、木橋の西側接続面である。一見竪堀のように見えるが、反対から木橋とかけるために削ったようにも見える。ここから三の曲輪にいたる。三の曲輪は三段で構成されて恐らくは、東または西を回り込み登っていく道があったのでは無いだろうか。そして、二の曲輪に繋がるのである。

6.二の曲輪から一の曲輪へ

 この位置が二の曲輪南側端で、この西側、一ノ曲輪前面の横堀に木橋で繋げば本曲輪南の枡形虎口にいたる。そして、南の枡形から南の腰曲輪、南の腰曲輪から本曲輪と向う。

 これが岩櫃城の追手道として考えられるルートである。この岩櫃城は、追手が東の木戸、搦手が西側と思われるので搦手道、それと北からのルートも考えられる。それらのルートは別項解説する事とする。