HOME > 高野平城跡

・高野平城跡

高野平城跡へのアクセス

高野平城跡縄張図

城跡解説

 原町在下から西に2キロメートル入った中之条町(旧沢田村)との境界にこの城はある。ここは字城の平だが、四阿山ともいい標高720メートル、薬師岳東北の尾根続きになっている並郭式山城です。

四阿山の祠

城域は東西180メートル、南北50メートルと小さく、掘切二つと四つの曲輪から構成されている。追手は東面で、三の丸東下に当たる。そこは三の丸より4メートル低い。

追手道

 二の丸、本丸と掘切に区切られて続き、その両脇に腰曲輪がつく。

本丸

本曲輪土塁

本曲輪に付く腰曲輪

 三の丸は、東西40メートル、幅15メートル。二の丸東西、南北25メートル。西に6メートル高く本丸がある。本丸は東西30メートル、南北20メートル、東、南、西の三方に土居をめぐらせている。その南面東側に虎口があり、腰曲輪を経て二の丸に出るようになっていた。本丸西には堀を隔てて笹曲輪があり、そのしたに二段の小曲輪が構えられ搦手口となっていた。

搦手小曲輪

 この城は規模も小さく、岩櫃城よりすこし離れていますが岩櫃城の北面を防護していただろう。この城は、沢田方面(暮坂峠)よりの敵の侵入をここで食い止めるために築かれたと思われます。この城の位置は薬師岳から伸びる1本の尾根、岩櫃山のすぐ後ろ側に築かれている。この尾根の続き、下には山田城がありさらに下には吉城と二つの城跡が続く。山田城のさら西側、にはさらに桑田城があり固い防護がされている。これではなかなか、岩櫃城にはたどり着けないであろう。

伝高野平城


 岩櫃城二代城主斉藤行禅には二男二女があり、長男が行弘で三代岩櫃城主、次男の但馬守(但馬尉か?)を高野平の要害、一女は稲荷城主大野民部に嫁し、一女を柳沢直安に嫁し柳沢城を与え、所領を分割して与えた。
 この所領分割について家老秋閒備前守は長男行弘(永享年中(1429~1440年)に家督を相続)の所領が少なくなるのを心配したのだが行禅はこれを無視して柳沢直安と行弘の確執の原因になった。
 斉藤但馬守は生長(1428年)の頃本城西方の登場を与えられたという。子孫相次ぎ高野平の要害を守備してきたのであるが、永禄六(1563年)年岩櫃城落城と共に斉藤氏も滅亡すると、ここの城主も運命を共にしたという。詳細の記録は残っていない。
 しかしこの城を訪ねてみれば、城の規模も小さく根小屋らしき所も無い。したがって本城より緊急時に駆けつけ警護によって守るような城で普段は数名の城番が、交代で詰めていたというようなことだと考えられる。

参考文献 再編吾妻記、吾妻軍記、吾妻郡略記