HOME > 古谷舘(巌下山潜龍院)跡

古谷舘(巌下山潜龍院)跡

古谷舘(巌下山潜龍院)跡へのアクセス

古谷舘(巌下山潜龍院)跡縄張図

古谷館跡(巌下山潜竜院跡)

古谷地区にある案内看板


 天正十年三月、武田氏が滅亡せんとしたとき勝頼を迎え家運を挽回せんとしたところです。

 昌幸曰く

 「岩櫃城破東に沼田城(弟真田壱岐守信尹)南に箕輪城(内藤正豊)西に砥石城(嫡子真田信幸)小諸城(武田信豊)が守備し、北は上越の山々が城壁となし、本城は天険の要害である。三千の兵、三四年の兵糧は十分である。それがしは旗本となり、忠信を尽くし一度ご運を挽回申しましょう。」

 と、吾妻の地に戻り古谷舘を急造にかかった。しかしながら、佞臣小山田信茂の裏切りに合いついに武田勝頼は天目山にて、自刃して果ててしまった。

 その跡地を、昌幸の麾下である祢津潜竜斎昌月なる物がもらい受け山伏寺としたという。この祢津潜龍院昌月は、祢津長右衛門と言い武田に軍配者として仕えていた。第一次上田合戦のときは、来福寺左京と共に昌幸の両腕として支えたという。その山伏寺の名を巌下山潜竜院という。この寺は、天和二年岩櫃山の大火の時に炎上したが、再建されて護摩堂は明治十七年原町顕徳寺に移されて同院は廃されたという。

潜龍院跡の現地案内板


 現在の顕徳寺はその後改築されているので、今は潜竜院の面影はない。

 さて、祢津潜竜斎昌月なる人物であるがいろいろな資料では、忍者ではないかという説がある。また軍配者という立場で武田に仕えていたという事もあり、その戦略などは他に類を見ないほどであったろう。

 滋野三家の禰津氏も、忍者を束ねていたのは同族の望月家であるが、祢津氏も鷹匠として名が知れていたのでその存在は神秘に包まれている。また真田氏も滋野三家の海野氏の出であるという説が通説となっていたが、近年の研究では禰津氏の出ではないかという説がある。

 忍者というと良く時代劇に出てくる忍者を想像するが、実際の禰津氏の活動は、わたり巫女、山伏、雲水などの諜報活動などにより敵対地域の偵察、周辺地域の情報収集などをやっていたと思われます。いうなれば、アメリカのCIA、旧ソ連のKGBのような組織ではなかったかと思います。祢津潜竜斎昌月という人物は、真田家において前記のような組織の長官をやっていたのではないでしょうか。また、その評価は桶狭間の戦いの時今川義元に一番槍を付けた毛利新介、首を取った服部小平太よりも桶狭間山に今川本隊が居ることを報告した梁田政綱の方が勲功が上だったように織田信長もこの諜報活動をする者を高く評価していた。とくに、真田家では諜報活動に力を入れていたことから、祢津潜竜斎昌月は表には出なかったもののそれなりに家中では重きを成していたのではないでしょうか。

潜龍院歴代院主の墓石群


潜龍院最後の院主祢津幸道法印の墓

 潜竜院跡の地形を見てみると、潜竜院跡は石垣で囲われていますが、その東側に明らかに削平されたと思われる広いところがあります。また、旧草津街道を挟んで南側も一段低いのですが平らなところが広がっていて、その南端には土塁と思われる箇所もあります。この平らなところに、潜竜斎の従者や渡巫女、山伏、雲水などが情報を持って帰ってきたときに泊まる建物、厩などいろいろな建造物があったのかと想像させます。また古谷地区から登る潜竜院跡に入る入り口の所は狭くなっていて、門があったのかもしれません。実際そのすぐ上の畑は、西門と呼ばれている。これは、ここに門があった証拠の一つとなっている。

潜龍院跡の石垣


潜龍院東側の平場

南側の平場


西側の入口


東の入口



 西側に門があったと言う事は、当然東側にもあったのでは無いでしょうか。これは想像の域を出ないのですが、それらしいところもあります。南側の平場の先には、土塁のような物も有りまた、来福寺左京物見の岩と呼ばれるところもあり、まさに要害であると思わせる遺構も残っている。この来福寺左京は、原仁兵衛と名乗り武田に軍配者として仕えていたという。まれに見る軍配者故、信玄公が岩櫃城搦手を守らせたという言い伝えがあります。その後、僧籍になり僧名を千蔵坊、呼び名を来福寺左京と名乗ったという。

 そしてさらにこの場所は、下の集落からは全く見えないという事も興味深い。まさに、武田勝頼公を匿うにはうってつけの場所であったと思う。歴史にもしもは無いのであるが、もし勝頼公がここに来ていれば武田家はその後も残っていたに違いないと思わせる遺構である。

 真田氏が、謀略を得意としていたことなどを考えるとこういった施設が必ずあったでしょう。通説では、天狗の丸がその施設(忍者住居)といわれていますが案外潜竜院がその本拠だったのかもしれません。池波正太郎の「真田太平記」の最初の語り初めは、岩櫃城の「地露の間」から始まるのですが案外そこは、潜竜院だったりするのかもしれません。
 以上、私の私見を入れ潜竜院の解説をしてみました。