HOME > 山の固屋城跡

山の固屋城跡

山の固屋城跡へのアクセス

山の固屋城縄張図

山の固屋城跡解説

 この城は、川戸上の宮県道より榛名側七キロの所に山の固屋城跡がある。深沢の谷間に流れる深沢川とその支流に挟まれた形の尾根の末端部に梯郭式山城としてやや複雑な構造にて築かれている。城の大きさは、南北250m程、東西は150m程の城域である。本丸と二の丸で構成されていて、枡形虎口のような跡があります。

遠景


(この鉄塔目指して、登って下さい。)

本曲輪

 階段状の小曲輪が、東南と北側に数段延びている。

東南の曲輪群





 東南に延びる曲輪群は、二段腰曲輪が付き帯曲輪がさらに二段付く。

北の曲輪群






 北側には、少し広い曲輪が付き土塁も付いている。其の曲輪は西に数段の曲輪があり、北側へは細長く狭い曲輪が8段から9段ぐらい付いている。この城の追手は東側か?現在の見学ルートは東側、鉄塔点検通路から登る。

城の中心部にある鉄塔


 この城は、榛名方面の箕輪長野氏との領地の境目を防護するため、または内出城の詰めの城だったのだろうか。内出城の詰めの城にしては、その築城位置はすこし離れすぎているかも知れませんが、内出城が平城だったこともありその可能性は大きいと思います。この城については、記録も文献もなくその城域に言って往事の姿を連想するしかありません。また、伝説等もないようです。内出城の項で述べた、箕輪長野氏による内出城秋閒氏の急襲のとき、この城も活躍したのかも知れません。

この城の見学通路の入口

 この城跡を見学するには、深沢川に沿って町道を上り、烏帽子の集落へ行く道を通り過ぎるとすぐに上の写真の所が見える。車は普通乗用車、2台くらいとめるスペースがある。ただし注意してみないと、入口が見つからないかも知れません。