• HOME
  • >
  • 柳沢城跡

柳沢城(岩鼓の要害)跡

柳沢城跡へのアクセス

柳沢城(岩鼓の要害)跡

 

柳沢城跡(岩鼓の要害)の解説

 
 柳沢城はこの地域に多い縄張、一城別郭式の城である。吾妻では他に、岩下城、手子丸城などが同じような縄張で築城されている。この城は、岩櫃城の支城と言う位置付けであるがこの地域の他城の規模から言うと、単独した城と判断しても良いように思う。また、長野県松代の真田宝物館にある岩櫃山図には古城と記されていて、字名も「古城」であるところを見ると、岩櫃城築城以前からあった可能性が高いように思える。また、この城の麓には瀧峨山金剛院という修験寺が有り、開山は伏見帝の頃と伝わっている。岩櫃城築城の時に、この城も岩櫃城防衛ラインの一角に加えられたのかも知れない。
 

柳沢城(岩鼓の要害)跡の登城口

 
 柳沢城跡に向う道は二つある。まず一つは、不動堂の手前より観音山登山道を上り、まず観音山の頂上(斥候曲輪)へ向いそこからさらに西に向って城跡を見学するルートである。このルートで登るのはけっこうきつく、鎖場、鉄ばしご、岩場等有り注意が必要である。
 

観音山案内看板

 

観音山登山道

 
 

体内潜り        観音様

 

 

 
 ここは修験に関わる遺構である。ここには誰が安置したのか分からないが、新しい石仏がある。又北側の上には、北向き観音が安置してある。
 

 

 
 

金堀穴        象ヶ鼻

 
 
 観音山の登山口は、この金堀穴の手前で二本に分れ右に曲がれば登山道、直進すれば行き止まりとなる。
 
   ここでまた、道は二手に分かれる。この象ヶ鼻をくぐり進と東の川原で、石仏が幾体も見られるのだが、現在は倒木があまたあるため通行止となっている。登山道は、象ヶ鼻の左を上る。
 

観音山頂上

 
 象ヶ鼻からさらに登ると、鎖場、鉄ばしごなどある岩場の難所を通り頂上へとすすむ。
 
 もう一つは、不動堂に不動の滝があるのだがその滝の上、つまり滝頭から上るルートである。このみちは、東京電力鉄塔の点検道となっていて道もなるく途中までは草も刈ってある。しかし沢を渡るところがあり、ウォーキングシューズぐらいではぬれてしまうかも知れない。このルート登ると、外曲輪、三の曲輪、二の曲輪、一の曲輪、斥候曲輪の見学ルートとなる。
 

滝頭入口

 

登城途中の道

 
 
 滝頭の登山道は、不動沢をわたるのに橋がないのでそこは難所とも言えるが、その先は距離はあるが比較的緩い坂道となっている。
 

第四石門

 
  ここを折り返し距離はあるのであるが、ただひたすら登れば柳沢城の外曲輪の所に出る。途中までは東京電力鉄塔の点検のため草を刈ってあるのだが、その先は少々笹が生えているので注意して登って頂きたい。また、この山はイノシシがたくさんいるので特に注意して下さい。イノシシは夜行性ですので、藪の中に潜んでいます。物音に驚いて、飛び出してくる可能性が有り危険です。ちのみに私は、熊鈴を付けてあるっていたら、イノシシが飛び出してきて驚いた経験があります。以後、山に入るときに熊鈴を付けないようにしています。

城跡解説

 

柳沢城跡遠景

 
 この城の縄張は、一城別郭式で外曲輪、三の曲輪、二の曲輪、一の曲輪と続き大きな堀切を挟んで、帯曲輪、腰曲輪をもった斥候曲輪で構成されている。不動沢からの比高は120m位あり、不動堂からは険しく攻めずらい。城の高低差は、外曲輪と斥候曲輪は30~40m位ある。ここではわかりやすく、東城と西城とに分けて解説していく。なほ上の写真の所が、この城の中心曲輪である。
 

西城

 

外曲輪

 
 西側の城は、まず外曲輪から始る。この位置は縄張図で確認して下さい。
 

外曲輪のさらに西側の竪堀

 

 外曲輪のさらに西には短いのであるが竪堀も存在する。
 

 外 曲輪から三の曲輪に入る口は、堀と土塁で区切られ食い違い虎口のようになっている。虎口を入ると堀があり、表面上で観察する限りでは箱堀のようである。
 

薬研堀の堀切

 
 その先は三の曲輪、二の曲輪、一の曲輪と続く。三の曲輪と二の曲輪、二の曲輪と一の曲輪を区切る堀は薬研堀となっている。各曲輪は、南から西に向って梯郭式になっていて、特に虎口らしき物は見当たらない。各曲輪ともに単独で梯郭式になっていることを見ると、各曲輪へは水面を回り込んではいる通路が存在していたのかも知れない。
 

一の曲輪・二の曲輪に付く腰曲輪

 
 また、二の曲輪、一の曲輪の北端には腰曲輪が付いていて、分かりずらいのであるが竪堀らしきへこみも見られる。一の曲輪の東側には、この城で一番深い薬研堀がありその先は斥候曲輪をともなう東城部分となる。この大きな堀で城域が二つに分かれている城を一城別郭式と言うが、これは江戸時代の北条流軍学書に載っている築城方式である。一つの城域を敵に取られても、もう一つの城域を拠点に守ったり、取り返したり出来る築城方式である。
 

この城を大きく二つに分ける深い薬研堀

 

東城

 

斥候曲輪の西側に付く帯曲輪

 

 この腰曲輪と言うより一番広い平場は、上の本曲輪より一段低く結構広い。比高十メートルぐらいあるだろうか。ここで物見をすれば、原町、中之条盆地、嵩山まで一望できる絶好の場所である。そして、この腰曲輪に掘立小屋を建てれば交代で四六時中監視できたでしょう。 

 斥候曲輪(柳沢城本曲輪)

 
 
 大きな薬研堀を抜けると帯曲輪があり、その先が斥候曲輪群となる。
 

 

 観音山の頂上を中心に南側に堀切があり、その先に細長い曲輪。
 

斥候曲輪北の腰曲輪

 

 
北側に二段ほどの腰曲輪があり、その先は岩場の断崖となる。巖鼓の要害と呼ばれているように東と南、さらに北側は切り立った岩場である。
 

本城北側の曲輪群

 

本城北側の下長い薬研堀

 
 本城二の曲輪と三の曲輪の堀より下に落ち、東側に長く延びる薬研堀がある。
 

本城北側の曲輪群

 
 その堀の左右には、梯郭式に下に伸びる平場が何段も展開している。この薬研堀の更に下には、現在耕作地となっているが明らかに回りより一段高いところがある。ここは城主の屋敷があったのでは無いかと、思わせるところである。この北側の遺構を見れば、この城が東から、または北側からの敵の侵入を想定して縄張されているのが分かる。そしてこの城が、吾妻に存在するほかの城と同じ位の規模を持っているのが分かると思います。

 柳沢夜討

 
 応仁二年(1468)十二月晦日のこと、柳沢直安は家の子郎党を集めて大晦日の酒宴を開き、君臣共にそろって泥酔してしまった。ところがその夜半直安は風呂に入ってふと「昔より、このような晩は良く夜討があると聞いているので用心した方がよい。」と思い立ち、早速部下にその旨を伝えた。その直後、時ならぬ鬨の声が聞こえてきた。城内思いもよらないことで、上を下えと慌てふためくばかり。
 
 そのとき柳沢の家老丸橋将監と嫡子八郎常定は少しも慌てず百騎ばかりの兵を率いて門外に進み出て、「このたびの夜討は何者であるか、名乗れ」と山にこだまする大音声でどなりあげればそのとき早く、寄せ手の騎馬武者二騎躍り出た。
 
 「我らは平沢大善宗時、白岩入道法雲、主君岩櫃殿の命により討っての大将を賜ったのである。早、尋常に勝負いたせ。」とこれまた大音声で名乗り出た。
 
 柳沢も「いかに寄せ手の愚人ども、耳を傾けてようく聞け、綱をしても寝鳥を射ずというのが人の情、闇討ちとは卑怯なり。先主行禅公の御遺言を早忘れたか。汝らの主人行弘暴虐無人の侍、畜生也。」
 
 寄せ手の軍勢は約三百騎、城兵は二百余人、衆寡敵せず、おまけに、酒宴で泥酔した城兵は、瞬く間に討たれていき、寄せ手は大将直安めがけて、押し寄せ切り込んでくる。「いまはこれまで」と忍びの道から裸馬で東の原に脱走した。討ってのものはこれを見て、後から射る矢は雨霰のごとく、ついに永井六郎が射た矢が馬の下腹から胸元に刺さり馬は屏風倒しに倒れてしまった。
 
 今は是非もなくそこで直安は歩行立ちとなって、夜道を叔母にあたる植栗安芸守の館に落ちていった。
 
 ここで哀れだったのが直安の妻である。敵の手に落ちんと熱湯の湯の釜に中に身を投じ、自らの命を絶ったのであった。婦人は、岩櫃城主斉藤行弘の妹であった。
 

 岩鼓の出城

 
 永禄六年(1563)十月中旬、真田軍は大竹(類長が峰)の本陣を据え岩櫃城を総攻撃した。このとき岩鼓の出城(柳沢城)の守備は嫡子斉藤越前太郎、尻高源二郎、神保大炊介、割田掃部、蟻川入道、佐藤豊後、一場茂右衛門、同太郎左衛門、首藤宮内左衛門、桑原平左衛門、田沢越後、田中三郎四郎等三百余人立て籠もって岩櫃城に入った敵の側腹を突くべく遠目に待機していた。
 
 十月十三日夜、敵の謀略によって岩櫃城内では甥の斉藤弥三郎、海野長門守幸光等が敵に内応し、城に火をかけ、これを合図に真田軍は大手番匠坂から攻撃に転じた。城主憲広はこの有り様を見て、やけ崩れた居館に帰り自刃せんとしたが、嫡子太郎がこの出丸から駆けつけ、我らが大手、搦手を防ぐこと故一刻も早く城を落ちるよう進言し、富沢藤若、秋閒四郎他諸氏が防いだので、憲広は越後に落ちることができた。

瀧峨山金剛院不動堂

 
 現在、原町バイバスより岩櫃城跡の看板を中之条方面から見て左に曲がり、平沢方面に登っていくと右に分かれる道があります。その道を進み橋を渡り、まっすぐ行くと、不動堂があります。ここの観音山には、観音や体内潜りなど修験にまつわる多くの遺構が有り、この山が、修験道の修行の山としてあったことが分かります。
 
 この山の頂上は、山城となっていもいてこの吾妻の郷士と、修験との関係が深いことが伺えると思います。

不動の滝 

 

凍り付いた不動の滝 

  この凍った不動の滝は、また素晴らしい。最近では毎年凍らなのであるが、2月頃訪れるとこのような光景にお目にかかれます。
 

 さて、この金剛院不動堂は今から六百年前に岩櫃城の鬼門(東北)の鎮守として建てられたと伝わっている。同院の伝説には、第九十一代伏見帝(1288~1297)のころ、正応年中から永仁年中の頃、岩櫃城主がその祈祷所とし、城の鬼門に大聖不動明王を安置して金剛坊法印円覚を別当たらしめたのが、金剛院のはじまりだという。
 
 円覚を開山第一世として、五世大専坊法印良宣、第八世頼詮、第九世は金剛寺法印頼盛、この頼盛の時に岩櫃城主斎藤越前守行連、不動堂を建立したとある(修験岩櫃語)。第十世大光寺法印法弘は岩櫃城代海野長門守幸光のために大峰山に代参すること九度を数えたという(修験岩櫃語)。
 
 第十一世徳蔵院法印良円は武蔵国幸手不動院鎮良法印の配下として吾妻諸同行の組頭を勤務した。この徳蔵院は、加澤記に載っている「天正八(1580)年真田昌幸公勢揃いの項」に富澤豊前守、横谷左近と共に御馬廻として「徳蔵院」という記述がある。
 
 当時の軍役には、必ず祈祷使が付き従い戦の勝敗や、攻め込む吉日など祈祷によって決めていました。この「徳蔵院」は、およらく占い、祈祷(軍配者)を戦場で行うために御馬廻として昌幸公に従っていたものと思います。
 
 この開祖の第一世円覚から第十一世徳蔵院までが、三善氏の出であったという。次の第十二世の満福院東学坊法印は徳蔵院に対して母方の従兄弟に当たる西山氏のでとなっている。この人も武蔵幸手不動院鎮良の配下として吾妻同行組頭であったという(修験岩櫃語)。
 
 第十三世重源法印は寛永(1624~1643)の初めから、東学坊の後を継ぎ岩櫃山中二十七日夜の間山ごもりして山伏修行をして、その後大峰に入峰して出世号を金剛院と号した。この事から、代々の法印が大峰に入峰して金剛院と言う出世号をもらっていたようである。現在、瀧峨山金剛院不動堂と言われている金剛院は、大峰山より出世号として代々もらっていた法印の名であるようであります。
 
 第十四世の妙潮法印は、慶安年中(1648~1651)善導寺十七世典誉教呑上人の弟子となり、また十八世円誉良山上人について学んだとあります。
 
 第十五世は、円聖法印です。かれは、郷土研究に力を注ぎ「原町岩櫃城記録」「修験岩櫃語「再編吾妻記」「吾妻原町記」「瀧峨山記」など多くの著書を残した。
 
 第十六世円潮法印、第十七世教順法印、第十八世智観法印、第十九世泰山良教法印、そして第二十世良長法印の時に明治を迎える。
 
 法印の居宅は、三百数十年前までは字平沢地内にあったとされているが、慶長十九年元和元年以後は原町上の町裏字下村に移ったと伝わる。
 
 以上「原町誌」の記述をかいつまんで記述しましたが、ここには石仏が百基有る事からこの山を江戸時代より観音山と名付けられたと言います。この観音山は、東山と西山とからなり、東山の方に「柳沢城跡(岩鼓の要害)」があります。この城は、岩櫃城の東を守っていた出城だったと思われ、広大な城域を誇る「岩櫃城」の一角を守っていたのでしょう。又現在観音山の案内看板があるが、観音山登山道以外の洞窟へは行けず、そこへ向う道は分からなくなっています。