加沢平次左衛門の墓

加沢記の成立

 「加沢記」は沼田真田藩第五代藩主、真田伊賀守信直(信利)の時代から、天和元(1681)年に改易される後までを費やし完成を見た。内容は、上野国吾妻・利根両郡を支配した真田家を中心に、戦国時代初期より武田家において台頭した真田幸綱(幸隆)に始まり昌幸、信幸(信之)の時代までの事象を吾妻郡の動向、利根郡の沼田氏、群馬郡白井城の白井長尾氏の記述など詳しく述べている。平次左衛門は江戸初、中期の人物なので、実際の戦闘の経験は無かったでしょう。恐らくは、戦闘を経験した古老の話や資料を集めまた、自分の足で現地を調査して書き上げたものであると思います。

加沢平次左衛門

 加沢氏の出自は、信濃国小県郡県村賀沢である。その地は真田氏と同族の海野、祢津、矢澤氏の本貫地と接している。賀沢氏はそこから発祥し、終始海野、真田氏に仕え戦国時代吾妻、利根に移ってきたと思われる。元々は、沼田真田藩の家老の祢津氏が主筋となるようだ。中之条町伊勢町、一場氏の子孫の家の「親類書之覚」という記録を見ると平次左衛門のことが記されている。これによると一場茂右衛門の母と平次左衛門が兄弟であったことが分かる。没年は、元禄7(1694)年である。この平次左衛門は、中之条町平の小林家(現矢澤家)より加沢家に夫婦養子となっている。この小林家と加沢家は、縁戚であったのでしょう。そして、一場家と小林家、加沢家は女系でつながる親戚である。加沢家は、信濃より吾妻利根に真田と共に来て吾妻、利根の郷士と関係を持ちつつ沼田真田藩士として地位を確立していったようである。加沢平次左衛門の墓は、利根郡上川田にあるが、吾妻郡中之条町平の矢澤家の墓にも真田昌幸、矢沢綱頼の供養塔と共に加沢平次左衛門の供養塔も存在している。

<参考文献:新釈加沢記 加沢記釈文 加沢記附羽尾記>

「加沢記附羽尾記」グーグルブックのリンク(下リンクをクリック)

https://play.google.com/store/search?q=%E5%8A%A0%E6%B2%A2%E8%A8%98&c=books