「吾妻鏡」は、鎌倉幕府について語るのに一級の資料で、これにより鎌倉時代の事象について知る事が出来ます。此の資料の内容から、地方史の伝承・伝説について推測し、関連付けられれば新たな発見もあると思います。ここでは、群馬県関連の記述と、秀郷流吾妻氏との関連する下河辺氏の動向なども紹介していきたいと思います。

<参考文献>
群馬県史 新刊吾妻鏡(国立図書館コレクション) 現代語訳吾妻鏡(吉川弘文館)など

治承四(1181)年五月 下河辺行平「源頼政の挙兵」の噂を武衛(頼朝)に報告する

下河辺庄司行平が武衛(源頼朝)に使者を送り、入道三品(源頼政)が挙兵の準備をしている事を報告したという。

<解説>

 秀郷流の藤氏一族である下河辺行平が、早くから頼朝と繋がっていたのがわかる一文だ。この一族である、吾妻郡吾妻に本拠を置く吾妻氏の動向も気になる所でもある。これは推測にしか成らないが、恐らく吾妻氏も同じ上野の那波しも早くから頼朝と繋がっていたのでは無いか。これにより、吾妻氏は鎌倉幕府内に於いて小名とはいへ「御家人」という地位を確保できたと考えられる。

治承四(1180)年十二月 頼朝の新邸が完成し、御弓始めが行われその射手に「下河辺庄司行平」の名が見える。

治承四(1180)年十二月 戊戌(つちのえいぬ)

(頼朝の)新造の御邸において、三浦介義澄が椀飯を献じた。その後御弓始があった。この事は事前に定められなかったものの、(橘)公長の二人の子息が特に巧みであるという話をお聞きになったので、その腕前をお試しになった。酒宴の時にその場で仰ったという。

射手

一番

下河辺庄司行平   愛甲三郎秀隆

二番

橘太公忠      橘次公成

三番

和田太郎義盛    工藤小次郎行光

今日御行始の儀式が行われた。(安達)藤九郎盛長の甘縄にある宅にお入りになった。盛長がお馬一頭を献上し、佐々木三郎盛綱が馬を引いたという。

<解説>

 頼朝の新居の落成祝いの出来事を期した記事です。吉事があったときには、必ず御弓始が行われた。この射手の一番に、下河辺庄司行平が載っているので取り上げました。頼朝に馬を献じた、安達藤九郎盛長は一時期上野の守護でもありました。橘公長は弓馬と知謀に優れ、元々平知盛の家人であったが、治承4年(1180年)12月に平家を見限り、同僚であった加々美長清の仲介で源頼朝の麾下に入る。粟田口で当時源為義の家人であった斎藤実盛・片切景重と喧嘩になった際、頼朝の祖父・源為義が朝廷に訴えず斎藤・片切を諫めた事から、公長は源家への恩を忘れず、縁者を訪ねて遠江国に下向し、鎌倉へ向って頼朝に従ったという。この記事は多分、その直後の記事であると思います。一説として関東の源氏は平氏に従い、関東の平氏は頼朝に従ったという事があります。すべてに当てはまる者ではありませんが、頼朝に従った多くの関東平氏がいたのも事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA