カウンターカウンター
カウンター カウンター

吾妻の歴史を語る

top_line.jpg

戦国真田の吾妻の拠点岩櫃城

 四阿山(鳥居峠)を挟んで、上田地方と吾妻は鎌倉時代から深い繋がりを持っていた。海野一族の各氏が特に西吾妻、吾妻川を挟んだ東吾妻の南岸には滋野の流れを汲む多くの人達が入植しその地を支配していた。また東吾妻町原町から東には、藤原秀郷の流れをくむ吾妻氏が入植し勢力を張っていた。そんなところに戦国期、特に永禄の頃の戦乱の火種がすでに存在していたのかも知れない。この地の歴史を考えたとき、そのもとは縄文の時代までさかのぼる。しかし、このサイトでは特に鎌倉時代以降を取り上げ解説していきたいと思う。いぜんの「岩櫃城興亡史」をリニューアルしてまた新たにこのサイトを立ち上げました。以前の情報、新たな情報をまじえ皆様に伝えていきたいと思います。吾妻での真田の拠点、情報収集の拠点であったと思われる「岩櫃城跡」に一人でも多くおこし願えればと思っています。

honnmaru.JPGhonnmaru.JPG

岩櫃城は、岩櫃山から伸びる一つの尾根上に築かれた城である。その特徴は長い竪壕が本曲輪から何条も伸び、その竪壕のほとんどが薬研堀である事から武田式山城と言われている。築城年代ははっきりしないが、前吾妻氏、長尾昌賢、吾妻斉藤氏、真田氏と諸説ある。現在の遺構は、完全に真田氏のものであろう。

LinkIcon詳しくはこちら

吾妻太郎行盛墓.png吾妻太郎行盛墓.png

鎌倉時代末期から南北朝の時代に活躍した、吾妻の地では有名人の一人である。南北朝時代に碓氷の里見一族と争い、吾妻川の立石河原で戦死した。その吾妻太郎と奥方、重臣の墓と言われている。場所は長福寺観音堂の脇にある。

LinkIcon詳しくはこちら

更新記録

2014.09.05
「文書で見る吾妻の歴史」「加沢記」に追記しました。

2016.09.12
「文書で見る吾妻の歴史」「加沢記」に八の巻を追加しました。

2016.09.18
「文書で見る吾妻の歴史」「加沢記」に九の巻、十の巻を追加しました。

2016.09.19
「岩櫃本城」に「中城」、「格子状曲輪」、「切沢曲輪群」を追加しました。

2016.09.23
「文書で見る吾妻の歴史」「吾妻郡略記」に「当郡神社」書き加えました。

2016.09.24
「関東管領上杉氏」に「上杉禅秀・永享・享徳の大乱」を書き加えました。

2016.09.24
「岩櫃城解説」「岩櫃城本城」に「殿屋敷」を追加しました。

2016.09.25
「戦国の領地統治」に「貫高制と兵役」を書き加えました。

イベントの紹介


岩櫃山の麓、密岩神社にて「忍びの乱実行委員会」lが「おもてなしの乱」を毎週土日と祭日午前十時から午後三時まで行っています。NHK大河ドラマ真田丸のタイトルバックにもなった岩櫃山を是非間近で見て下さい。
→詳しくはこちら


◆10月8日・9日・10日「いわびつ文化祭」開催!◆
任意団体「よみがえれ東吾妻」は、今年初めて「いわびつ文化祭」を開催致します。月詠によるコンサート、岩櫃太鼓などの和太鼓演奏、唐堀人形芝居など盛りだくさん。また、フリーマーケット、模擬店出店、いわびつ汁のお振舞など3日間つづけて十分楽しめる物になっております。是非お出かけ下さい。
会場:東吾妻町地域振興センター(旧岩島中学校)
岩櫃文化祭.png
→詳しくはこちら


◆9/19『岩櫃城フォーラム』開催!◆
ついに、岩櫃城跡の発掘を受けての講演会があります。城郭ファン、歴史ファン、真田ファン必見の講演会になると思います
日にち:平成28年9月19日(月・祝)
開会:13時00分(開場は12時15分)
会場:東吾妻町コンベンションホール定員:400名
入場無料

iwabitu_fo-ramu.png
→詳しくはこちら

.



  吾妻の歴史を語ろう