関東管領上杉氏に追加しました。

 関東管領上杉氏に、北条早雲の相模進出と関東管領上杉顕定の越後での戦死について加筆しました。越後での関東管領上杉顕定の戦死により、関東管領である山之内上杉氏も顕実(鉢形城)と憲房(平井城)に分かれ、顕実が武蔵支配、憲房が上野支配とふたはに分かれその勢力は縮小していく。これを境に時代は本格的に、戦国となっていく。室町時代の初めからの実力者である関東公方、関東管領の支配体制は崩れ去り北条早雲が相模を平定して、武蔵をうかがうのである。後の上杉謙信、武田信玄、北条氏康の関東争奪戦の前触れとなる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA