関東管領上杉氏に長尾為景の動きを追加しました。

 長尾為景は奸臣というイメージが強いが、越後の実力者であった。一度は越後の守護代を追われたが、自身の実力で復帰している。また、将軍の足利義晴を助け、室町将軍家とも深いつながりを持っていた。幼少の長尾景虎(上杉謙信)を嫌って、仏門に入れたとも言われているが、嫡男以外のものを「子孫繁栄」のため仏門に入れることもあるので、実際は景虎のことを嫌っていたとは一概には言えない。この頃の為景は、古河公方、関東管領にもたよられる存在になっていたのである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA