岩島地区は、吾妻川を挟んで南北に分かれる。ここは風習の違いも見られ、興味深い地区である。一つ例をあげれば、五目飯である。北岸である岩下地区は酢飯で、南岸である三島地区は酢を入れない飯を使う。また、三島根小屋城と岩下城の関係を見れば、根小屋城の斥候山からは岩下城が眼下に見える。まさに、根小屋城は、岩下城を監視していたとみることも出来る。古谷舘跡、郷原城跡は岩櫃城の西を守る要害で、雁ヶ沢(横谷)城は渓谷を越える道陸神峠の抑えと言うこと。その辺の地勢を見ながら確認してもらいたい。